足臭

足が臭い!ニオイの原因と対策、臭い人の共通点は〇〇

投稿日:

「足が臭い」

一日中靴を履きっぱなしで、脱ぐととんでもない臭いがする!という人は少なくありません。靴を脱がなければ良いんだと思っても、実際の足の臭いは、実は靴を脱がなくても周りの人に気づかれていたりします。

そんな足臭の原因と誰でもできる対策をすべてまとめました。

「足が臭いのは今日一日頑張った証拠」

とは言え、やはり足は臭くないに越したことはありません!

足臭対策は、周囲の人を不快にさせないためにも必要なことですから、足臭原因をしっかり理解して「足臭くない?」なんて言わせない・思わせないようにしましょう!

足が臭い!その原因は雑菌が繁殖しやすい足環境

足が臭くなる原因、おおもとを辿ればたった一つ。
それは「雑菌」です。

雑菌が繁殖することによって、私たちの足はとんでもない臭いを発生させます。

雑菌は

  • 靴の中のムレムレ高温多湿
  • 足の裏からかく汗
  • 角質(大量のアカ)

を好みます。
汗と角質、ムレが合わさると雑菌が大繁殖しやすくなるのです。

ではどういう環境が雑菌を繁殖させているのでしょうか?

汗をかいているのに長時間放置

足の裏は、汗腺が集中しています。

1日コップ約1杯分の汗をかくとも言われていて、その汗を長時間放置することで、皮膚常在菌が汗を分解して老廃物(脂肪酸)を作り出し、臭いを発生させます。

汗自体には、臭いの原因は含まれていないのですが、汗は分解されることにより臭いの原因となるため、長時間放置はしない方が良いですね。

古い角質が蓄積されたまま

古い角質は雑菌が繁殖する原因のひとつです。

この古い角質は、新陳代謝を繰り返すことによって自然にはがれて落ちますが、血行不良の場合、新陳代謝がうまくいかずに古い角質がどんどん蓄積してしまうことがあります。

足の裏が硬い人などは、古い角質が蓄積しているとみていいでしょう。

角質自体には臭いはないのですが、汗と同じく、足の常在菌が角質を分解して悪臭が放たれます。

常在菌は角質の中にも沢山いるので、足の裏が厚い人ほど、臭いリスクが高いです。

靴・靴下が汚れたまま

靴や靴下が汚れたままだと、菌がどんどん繁殖し、悪臭の原因となります。

足臭の原因は汗や角質を菌が分解しているからだと説明しましたが、この雑菌、靴や靴下にも付着するのです。

靴や靴下は汚れれば汚れるほど、雑菌の繁殖場所としてとてもいい条件になるため、靴や靴下は清潔に保つようにしましょう。

靴のサイズが合っていない

サイズが合わず、小さな靴は、足が圧迫されて汗をかきやすくなり、足臭の原因になります。

逆に大きな靴は、足と靴が擦れて角質がはがれやすくなったり、靴脱げ防止のために余計に力が入って汗をかきやすくなるため、足臭の原因となります。

足が臭くなりやすい・靴のサイズが合っていない気がするという人は、まずは靴のサイズを見直してみましょう。

ブーツの中がムレムレ

冬のブーツ、可愛いですがムレて臭くなりやすいですよね。

ブーツの中は、足の裏からはがれた角質の他に、表皮ブドウ菌・黒革カビ・ユリネバクテリウムなどの菌が繁殖しやすくなります。

通気性が悪い上に、餌となる角質が落ちてくるので、足臭の原因である菌が繁殖するにはとてもいい条件なのです。

ストレスや疲労で疲労臭が出ている

不規則な生活で、ストレスがたまりやすい環境に居ると、アンモニアを含んだ「疲労臭」が発生しやすくなります。

アンモニアは消臭剤を使っても中々消えづらい臭いです。

特に肝臓の機能低下で、アンモニア臭が出やすくなります。

多汗症・内臓疾患で臭いが発生しやすくなっている

多汗症で体温調整がうまくできない、内臓疾患・糖尿病で免疫力が低下していると、足の雑菌が活発になるため、臭いが発生しやすくなります。

「突然、足が臭くなってきた」

思い当たる人は、もしかしたら体の免疫機能が低下しているかもしれません。足の臭いは体の調子と関係しているので、足が臭いな、と思ったら体調管理をチェックしてみてください。

臭い人の足には、ある原因物質が沢山含まれていた!

実は足が臭い人には共通点がありました。

ある原因物質が、人より沢山多かったというレポートがあるのです。

足が臭い人は、そうでない人よりニオイ物質「イソ吉草酸」の量が多い

ロート製薬の研究で、「イソ吉草酸アルデヒド」というニオイ物質が発見されています。
このニオイ物質は、微量でも臭いを感じやすくなる成分なので、多ければ多いほど、とんでもない臭さを発します。

イソ吉草酸アルデヒドは、「エイジツエキス」「セージエキス」で発生を抑制でき、ナイロン末に吸着されることがわかっています。

ですが、特にこの成分でなければイソ吉草酸を抑えられないと言う事ではありません。

イソ吉草酸は表皮ブドウ球菌によって作られるニオイ物質ですが、石鹸で足を洗い、軽石で古い角質を落とし、乾燥させることで繁殖を抑えられますので、安心してください。

足臭とさよならしたい!足臭対策を全部紹介します

足が臭くなる原因がわかったところで、足臭対策を紹介します。

足臭対策は誰でもできる簡単なものばかりですが、続けなければ意味がありません。頑張って続けましょう。

  1. 日常生活でできる足臭対策6つ
  2. 足臭対策グッズ4つに頼ってみる
  3. ちょっとしたアイテムでできる足臭対策4つ

3つに分けて、紹介します!

日常生活でできる足臭対策6つ

日常生活でできる足臭対策は全部で6つです。

  1. 足の裏の汗を長時間放置しない
  2. 角質ケアを頑張ってみる
  3. 靴・靴下を清潔にする
  4. 同じ靴を続けて履かないようにする
  5. 靴箱に湿度を溜めない・乾燥させておく
  6. 足に合った靴を履く

6つ全て行えたら一番良いですが、したくてもできない人も居ると思います。
そんな人は、できるものから積極的に日常生活に取り入れてみてくださいね。

足の裏の汗を長時間放置しない

臭いの原因のひとつ「汗」。
これを放置することで臭いが発生しますので、できるだけ長時間放置しないようにしてください。

例えば、家に帰ったらすぐに足を洗う、トイレに行った時などに、除菌シートで足裏を拭くといった対策があります。

足の指にも汗はたまりますから、丁寧に洗うようにしましょう。

足の裏を拭くのは難しい、という人は、こまめに汗によるムレを逃がすために、時々靴を脱ぐというのもおすすめの足臭対策ですよ。

角質ケアを頑張ってみる

角質は溜まりすぎると、足臭の原因となります。

角質削り器や軽石で、足の角質を取り除きましょう。

ただし、角質を削り過ぎると、怪我になってしまうこともあるので、様子を見ながら削ってください。

また、角質がたまる原因の一つに血行不良がありますから、足裏をマッサージしてあげることで血行促進し、無駄な角質を溜めないという方法もあります。

靴・靴下を清潔にする

靴や靴下に雑菌が繁殖しないように、清潔に保つようにしましょう。

布製のスニーカーなど、洗える靴ならば定期的に丸洗いし、内部もしっかりブラスでこすって陰干しします。

また、洗えない靴は中敷きを拭いてあげましょう。
かたく絞った布で水拭きして清潔に保ち、傷んで来たら交換します。

履いた靴は続けて履くのではなく、風通しのいい場所で陰干しし、乾燥させることで雑菌の繁殖を抑えることができます。

アルコール除菌・消臭スプレーなどを利用すると、雑菌の繁殖が抑えられるのでこちらもおすすめです。

ブーツなどは、奥まで届きづらいので、シートタイプの除菌クロスを利用してください。

同じ靴を続けて履かないようにする

同じ靴を履き続けると、汗が乾かないうちにまた汗が溜まり、臭いが発生する原因になります。

「最初は臭くなかったのに、段々臭くなってきた…」

そう感じる場合、同じ靴を履き続け過ぎているので注意してください。
理想は、1日履いたら2日休ませるくらいの間隔です。

靴箱に湿度を溜めない・乾燥させておく

足を清潔に保ち、靴も適度な間隔で履いたとしても、靴箱の湿度が高いと雑菌は大繁殖してしまいます。

雑菌の大繁殖を防ぐためにも、靴箱は適度に換気してあげましょう。

乾燥させることにより、雑菌の繁殖を抑えることができます。

重曹や炭を置くと、消臭+除湿できるのでおすすめです。

足に合った靴を履く

サイズが合わない靴は、足が臭くなる原因になります。
お気に入りのデザインでも、臭いと魅力半減です。

足のサイズがわからないと言う人は、この機会にフィッティング専門店に行って足のサイズをはかってもらうのも手ですね。

足臭対策グッズ4つに頼ってみる

足臭対策グッズは色々あります!
手頃に足臭対策ができるので、この機会にチェックしてみましょう。

  1. 消臭機能のある靴下を選ぶ
  2. 靴に合った靴下をチョイス
  3. 通気性の良い靴下を選ぶ
  4. デオドラントクリームに頼る

この4つを紹介します。

消臭機能のある靴下を選ぶ

消臭機能のある靴下は、雑菌の繁殖を抑えてくれるので足臭が出づらいです。

男性用、女性用共にあるので、デオドラント効果のある靴下を積極的に選ぶようにしてください。

足臭が出やすい人は、1日に2回履き替えるようにすると、大幅に足臭が出づらくなるのでおすすめですよ。

女性用のストッキングにも、デオドラント効果のあるものもあるので、選ぶようにしましょう。

ただし、永久的にデオドラント効果があるわけではないので、靴下が痛み出したらすぐに替えてください。

靴に合った靴下をチョイス

足臭が出てしまう人は、靴によっては靴下を履いていないのではないでしょうか?
例えばパンプス、ストッキングだけではなくて、靴下も履くようにすると足臭を抑えることができます。

また、五本指靴下も足臭を抑えることができるので、靴を脱ぐ可能性が低い日は五本指靴下を選ぶのもおすすめです。

通気性の靴下を選ぶ

通気性の良い靴下をはくことで、足臭を抑えることができます。
通気性の良い靴下は、汗をため込まずにムレを防いでくれるためです。

綿・麻・絹・ウールといった天然素材を選びましょう。
化学繊維のものと比べ、吸収性に優れているので、足を乾燥したまま保ってくれます。

ストッキングなども、足裏部分だけ綿になっているものを選ぶと、足臭を改善してくれる傾向があります。

デオドラントクリームに頼る

足臭を防ぐ靴下と併用して使いたいのが、足臭用のデオドラントクリームです。

足の指の間までしっかり塗り込むことで、足臭をその日1日防いでくれます。

心配であれば、何度か塗りなおすことで、効果を持続できますよ。

ちょっとしたアイテムでできる足臭対策4つ

足臭は、身の回りのものでも対策可能です。
もし周りに

  1. 重曹
  2. 10円玉
  3. ミョウバン
  4. コーヒーの残りカス

があれば、活用してみてください。

重曹

掃除にも使える重曹、実は靴の臭いも取ってくれます。
使い方は簡単です。

  1. 不要になった靴下・ストッキングなどに重曹100g入れる
  2. こぼれないよう結び、靴の中に入れておく

これだけです。

重曹には消臭作用・吸湿作用があるため、靴の臭いをとるにはぴったりですね!
陰干しができない人は特に活用したい方法です。

2~3ヶ月が取り換え目安ですよ。

10円玉

10円玉には、殺菌効果があります。
そのため、雑菌の繁殖を抑えられるのです。

10円玉はあればあるほど効果が増すため、10円玉を貯めておきましょう。
使い方は重曹よりも簡単です。

  1. 10円玉を靴に入れておく

これだけ!
10円玉が臭くなったら換え時ですよ。

ミョウバン

重曹や10円玉は靴の消臭ですが、ミョウバンは靴だけではなく足にも使うことができます。
ミョウバンはそのまま使わず、ミョウバン水にして使いますよ。

用意するのはこちら

  • 霧吹き
  • ペットボトル
  • ミョウバン30g
  • 水500cc

ミョウバン水の作り方はこちらです↓

  1. ペットボトルに500ccの水を入れる
  2. ミョウバンを30g入れる
  3. かき混ぜて、6時間~1日ほど放置
  4. ミョウバンが溶け切ったら完成

後は、できたミョウバン水を10倍に薄めたものを霧吹きにいれて使用するだけです。

ミョウバンは溶けづらいので、2日くらいは白く濁っていますが、全て溶け切ると透明になります。

これを靴の中にスプレーしたり、足にスプレーすることで足臭を防ぐことができますよ。

足臭の他にも、ワキガにも使えるので、ワキガが気になっている人はワキガにも使用してください。

また、部屋のにおい消しにも使えるので、大変便利です。

コーヒーの残りカス

コーヒーの残りカスがある場合は、こちらも利用しましょう。

使い方は簡単。
残りかすをレンジで温め、水分を飛ばすだけです。

靴の中に入れておくだけで、臭いを吸着してくれますよ。
茶こしパックなどに入れて、靴の中に入れておきましょう。

まとめ

足臭の原因を知ることで、足臭を予防・改善ができます。

足の臭さを、スメルハラスメントと呼ぶこともあるくらいですから、足臭というのは深刻な問題です。

1日頑張ったからこその足臭でも、愛せる人は少ないもの。

何より自分の気分も下がってしまうので、しっかり対策をして嫌な臭いとはさよならしましょう。

-足臭

Copyright© さよならスメル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.